HOME + RELEASE + JAPAN + BLOG + LINKS + CONTACT


__Hispanola / back Hispanola / obi Hispanola / front Hispanola / tracklist


__ヒスパノーラ/フィリップ・ボア&ザ・ヴードゥークラブ

__「不思議の世界のサウンドトラック
__ヨーロッパ・ロック・シーンをリードするフィリップ・ボアのめくるめくカラフル・ポップ・ワールド。
__日本盤のみT・レックスのカヴァー曲を追加収録。」

____発売: ポリドール株式会社・1990年

____税込定価\2,800 (税抜価格\2,718)


__(曲目)
__1. THIS IS MICHAEL/ジス・イズ・マイケル
__2. I DON'T NEED YOUR SUMMER (BLOOD STRANGLED BANNER)/おまえの夏はいらない
__3. THE DAY I LOST MY SLEEP/眠りを失くした日
__4. JULES VERNE/ジュール・ヴェルヌ
__5. LOVE-HATE-CRAP!/ラヴ・ヘイト・クラップ!
__6. KOENIG HEDON/ヘドン王
__7. ROCSHEE/ロッシー
__8. THEY PAINT THE SILENCE (BLOOD STRANGLED BANNER-THE OCCIDENT)/静寂を塗りつぶす者
__9. DON'T KILL ME SLAUGHTERS/ドント・キル・ミー・スローターズ
__10. ERNEST STATUE/アーネスト・スタチュー
__11. EVA IN THE FROGGARDEN/蛙の園のエヴァ
__12. DE-GENERATORS/ディ・ジェネレイターズ
__13. 29 TH LIFE-AFFAIR/29回目の人生問題
__14. I'M SO PHISTICATED/アイム・ソー・フィスティケイテッド
__15. BOA-DIDDLEY/ボア・ディドリー
__16. SOLID GOLD, EASY ACTION*/ソリッド・ゴールド、イージー・アクション

__*日本盤のみボーナス・トラック *hispanola01


__01. ジス・イズ・マイケル

__マイケルが来る
__奴に手を出すな!
__これがマイケル
__手を出すな 出すんじゃない!
__奴は何でもわかっている
__あれこれ夢を見てもいる
__だましの手口も知っている
__汚い手口
__頭はいつもフル回転 止まることを知らない
__世界を飛びまわり
__俺たちのことを見ている
__友だちも大勢いるらしい……
__その道の友だちが
__かつては工場で働いていた
__組合の活動家でもあった……
__それが今は……
__ひどい嘘をつく
__他の連中と同じようなひどい嘘
__奴に近寄らない方がいい
__この世界さえ敵にまわす……
__時間に追いかけられて
__時間は失われた
*hispanola02


__02. おまえの夏はいらない

__(血にむせかえる旗じるし)

__一人の少女との生活が始まった
__頭に狂気の帽子をのせ
__愛をまき散らす
__きらめく水しぶきのように
__スパークリング・ワインの中泳ぐ
__そんな世界からやって来て
__まき散らす……
__おまえの夏はいらない
__俺の愛がここにある
__薔薇の花のように華やかな愛
__おまえの掟には従えない
__血と栄光の国の掟
__階段をころげ落ちるように
__夏の日々は後戻りを許してくれない
__溶けて消えていくだけ
__俺のすべてを見せてやる
__希望と栄光の国のすべて
__おまえの太陽はいらない
__傷口に容赦なく照りつける太陽
__汚れた頬を流れ落ちる
__透きとおった冷たい水の方がいい
__純粋に金だけの世界をめざす
__血にむせかえる旗じるしのもと
__おまえの血にむせかえる旗じるしのもと凍りつく
__透きとおった冷たい冬のほうがいい
*hispanola03


__03. 眠りを失くした日

__おまえの瞳の中にはカルマ(業)が潜んでいた……
__何か強い情念が
__壁の向うから俺を見ていた……
__催眠術とも違う
__むしろ壁と そこにかけられたタペストリーの間に
__入り込んでしまったような
__果てしなく落ちて行くパラシュートのような……
__その壁にピンで留めた紙切れの上
__おまえが見えた
__そしておまえに恋をした
__印刷された見知らぬ少女の顔
__碧の瞳が夜毎俺を見つめていた
__そして俺は眠りを失くした
__おまえの瞳にはさみを突き立てた時
__俺は更に混乱していた
__俺に向かって笑い 叫ぶおまえ
__失くしてしまいそうだ
__おまえの気配が俺の肉を切り刻む
__俺のすべてを引きちぎる
__眠りにつく前に
__一人きりになる前に
__すべてを否定したら
__眠りを失くしたことを悟る
__その時から その日から
__俺は眠れない
*hispanola04


__04. ジュール・ヴェルヌ

__答えてほしい
__訳を教えてほしい
__何の指図もいらない
__俺は充分満足なはずだ
__それなのに何故
__どこかがおかしい
__その訳を教えてほしい
__欲しいものがわかりさえすれば
__自分が誰か
__何が起こっているのか
__誰について行けばいいのか
__お願いだから教えてほしい
__俺は何故生きるのか
__俺は何故死ぬのか
__どうしてもわからない
__俺は空にさえ手が届く
__なのにおまえは笑い 叫び 困惑している
__孤独な俺の心
__燃える俺の魂
__忍び寄る寂しさ
__怒り狂うビート
__抑え切れない
*hispanola05


__05. ラヴ・ヘイト・クラップ!

__ラヴ・ヘイト・クラップ
__おまえはゴミにまみれてメイク・ラヴ
__俺も狂っていた
__おまえはメイク・ラヴ
__俺は好きだ
__恋人はおまえ 俺はおまえと恋に落ちた
__愛と憎しみと
__*ラヴ・ヘイト・クラップ
____ラヴ・ヘイト・クラップ
____ラヴ・ヘイト・クラップ
____ラヴ・ヘイト・クラップ
__父親の飛行機で
__戦争ゲームの前で
__その時が来る
__俺は恋している 違うんだ
__愛と憎しみと
__**おまえは変わった生きものだ
____毎日気が変わる
____おまえが恋人
__実にもっともな話だ
__少なくともおまえは
__
__愛と悲しみと
__ひどすぎる
__氷のようなベッド
__あまりにもひどすぎる
__**
__
*hispanola06


__06. ヘドン王

__下り坂
__どんどんおりていく
__狙いをはずした矢
__あなたの頭上を飛んでいった
__定められた運命
__それは あまり良くない
__拷問にかけられた柱に
__しばられる彼女の運命
__止まってしまう人は完全に欲望を破戒する
__止まってしまう人は完全に欲望を破戒する
__治療に出会った人は
__永遠になくならない
__それぞれの中に小さなものがある
__これらの聖なるもの
__破滅させる

__(※破戒→破壊) *hispanola07


__07. ロッシー

__おまえはそういう奴
__キラキラと視線を投げる
__その瞳の中には
__銃口が見える
__魂には悪魔が棲みついている
__すぐそこに見えている
__――その顔は決して笑わない……
__そういう人間
__いつもいつでも人を幸福にすることばかり考えている
__人に助けられると
__どうしようもなく傷ついて悲しくなる
__ロッシー
__昇っては落ち
__降りては上がる
__俺の人生から
__得るものは少ない
__誓ってもいい
__今 俺たちが生きているこの時こそが
__火をつける時
__新しい希望に向かって歩き出す時
__風の故郷
__歓喜と乳のあふれる国を探し出す
__おまえこそが張本人
__奴を死に至らしめる
*hispanola08


__08. 静寂を塗りつぶす者

__(血にむせかえる旗じるし
__――西洋)

__船を出す
__息苦しい 邪悪な旗を挙げ
__愚かしい赤い雪でそれを塗りたくる
__汚れた雪 白さを失くしてしまった雪
__助けてくれ 落ちてくる!
__きたない色の数々
__実際は誰にもわかりはしないのだ
__気味の悪い
__ぞっとする
__理屈っぽい 腐った きたない色たち
__静かなる美にさよならと手を振る
__静寂を塗りつぶす者たち
__クズを塗りたくる
__クズを貼りつける
__静寂までも塗りつぶす
__嘘で嘘を塗りこめる
__息が詰まりそうだ!
__心を失くした 間抜けな支配者たち
*hispanola09


__09. ドント・キル・ミー・スローターズ

__能なしどもの顔が燃えて行く
__あかあかと燃えている……
__立ちのぼる炎
__おとぎ話の裏に隠された
__恐ろしい事実という訳じゃない
__おまえに火をつける
__芸術なのだから……
__俺たちの腐り切った考えに
__困ることはない
__願いと希望だけが
__永遠なのだから
__だから歌おう
__ばかげたラヴ・ソングを
*hispanola10


__10. アーネスト・スタチュー

__堂々たる風格の彫像
__――忘れはしない
__出会ったのは確か軍隊だった
__狼の遠吠えが長く続く中で
__潔白なのは俺たちだけだった……
__身を隠そうとしたが
__逃げ道がなかった
__おまえはいつも本を読んでいた
__風格のある本
__無意味で 空虚な夜
__俺のイライラした態度に
__おまえは当惑し
__俺たちは争った
__若者たちと戦いと
__うんざりだ……
__堂々たる風格の彫像
__約束しただろう
__――そのうち
__また会おうと……
__その時は身震いすることだろう……
__そして俺たちは捕まった
__捕われの身から自由へと
__傷つけられ 酔い 憎まれ、愛され
__疑われ 踏みつけにされ
__――何度も何度も――最低だ――針金……
*hispanola11


__11. 蛙の園のエヴァ

__ウウウ…ウウウ…
__飛んで 飛んで…飛んで
__私の庭に蛙がいる
__上へ 下へ
__上へ 下へ
__太っていく 聞いている、からかっている
__ほかの時代のもの
__ほかの国のもの
__かつては
*hispanola12


__12. ディ・ジェネレイターズ

__黄金の銃を手にした男たち
__目を見れば
__大嘘をついているのがわかる
__俺の過去からよろしく
__血が風に乗って
__一日で世界中に飛び散る
__ばかげた傷跡――信念
__太陽に触れて火傷した
__何と無邪気な――何と素晴らしい
__――殺人さえ厭わない!
__おまえのために人殺しさえする
__ディ・ジェネレイターズ
__ディ・ジェネレイターズ……
*hispanola13


__13. 29回目の人生問題

__*29 この愛すべき29
____この愛すべき29の恋愛問題
__
__何とも優しくはかない
__大好きな日にはそれをしない
__
__
__
__29 29 29 29
__恋愛問題
__
__
__楽しんで あとはわからない
__楽しんで あとは生きていればわかる
__
__
__
__
*hispanola14


__14. アイム・ソー・フィスティケイテッド

__アイム・ソー・フィスティケイテッド
__アイム・ソー・フィスティケイテッド
__俺は走りまわる
__腹の中にはブラシがひとつ
__頭の中にはカーテン
__調和は失われた 本当さ
__俺は12番目の夢 俺が使っていたんだ
__俺の頭の中には化石がひとつ
__一睡もしなくても人生は楽し
__走ることも 遊ぶこともできる
__働いて 消えて行く
__俺の頭の中には化石がひとつ
__一睡もしなくても人生は楽し
__走ることも 遊ぶこともできる
__働いて 消えて行く
__俺の頭の中では子供が一人走りまわる
__俺はノンストップで飛びまわる
__48時間 止まることなく
__俺の頭の中には化石がひとつ
__一睡もしなくても人生は楽し
__走ることも 遊ぶこともできる
__働いて 消えて行く
__アイム・ソー・フィスティケイテッド
__俺の頭の中には化石がひとつ
__一睡もしなくても何と愛すべき人生
__走ることも 遊ぶこともできる
__働いて 消えて行く
__俺の頭の中には化石がひとつ
__一睡もしなくても人生は楽し
__走ることも 遊ぶこともできる
__働いて 消えて行く
*hispanola15


__15. ボア・ディドリー

__15曲目
__俺が試した時 俺が落ちた時 おまえは知っているだろう
__黒人の男たちは夜が最高
__それはそういうところもある
__それならそういうところもある
__それならボア・ディドリーがいる ディドリーが
__嫌な奴 嫌な奴 嫌な 嫌な奴
__嫌な奴 嫌な 嫌な奴 嫌な奴
__ああ最低!
__鐘の音が空気を伝って行く
__見てごらん 俺たちの歩く道の一部 とても堅い
__ホットなファンク・バンド
__あっちではジャムが始まっている
__あの嫌な奴がほしい
__嫌な 嫌な奴 嫌な 嫌な奴
__嫌な 嫌な奴
__最低の あいつ
__俺の頭のまわり ユニコーンを追いかける
__俺の頭のまわり ヤク中を追いかける
__ピカソさん
__嫌な 嫌な奴 嫌な 嫌な奴
__嫌な 嫌な奴 嫌な 嫌な奴
*hispanola16


__16. ソリッド・ゴールド、イージー・アクション (Marc Bolan & T. Rex)

__ヘイ、ヘイ、ヘイ
__人生なんて航海のようなもの
__愛はブギーさ

__ヘイ、ヘイ、ヘイ
__揺れる船首のように楽に
__木の上から
__ヘイ、ヘイ、ヘイ

__*俺は満足なんてしてやいない
____俺は気楽にやってきたいんだ
____ヘイ、ヘイ、ヘイ

__虎の思考を持っていても
__子羊のようにじっとみつめる
__ヘイ、ヘイヘ、ヘイ

__猫のように移動する
__彼女が好きだと思っている
__ヘイ、ヘイ、ヘイ

__(*繰り返し)
__さあ こぎ続けよう
__(*繰り返し)
__ヘイ、ヘイ、ヘイ

__女は ヘッド・ライトを輝かせて
__東の方にいるのさ
__ヘイ、ヘイ、ヘイ

__俺の苦しみをやわらげ
__俺の涙を止めてくれ
__ヘイ、ヘイ、ヘイ

__(*繰り返し)

__執念が 電話の会話中につのってくる間
__僕の髪が彼女を笑わせてるんだ

__(*繰り返し)

__そいつは本当さ
__彼女は気取り屋
__でもオイラは気楽にやっていきたいんだ
__ヘイ、ヘイ、ヘイ、……