HOME + RELEASE + JAPAN + BLOG + LINKS + CONTACT


__ Voodoocult / back Voodoocult / obi Voodoocult / front Voodoocult / tracklist


__ヴードゥーカルト/ヴードゥーカルト

__「フィリップ・ボア率いるスラッシュ・コア・プロジェクト、ヴードゥーカルト!!
__待望の2ndアルバム早くも登場!
__アグレッシヴで怒りに満ちたサウンドが君の体を打ちのめす!」

____発売:ビクター エンタテイメント・1995年

____\2,500(税込) (税抜価格\2,427)


__(収録曲目)
__01. Welcome to a new season of deathwish/ウェルカム・トゥ・ア・ニュー・シーズン・オブ・デスウィッシュ
__02. King of the beautiful cockroach/キング・オブ・ザ・ビューティフル・コックローチ
__03. The Stranger/ストレンジャー
__04. I close my eyes before I bleed to death/アイ・クローズ・マイ・アイズ・ビフォー・アイ・ブリード・トゥ・デス
__05. When you live as a boy/ホエン・ユー・リヴ・アズ・ア・ボーイ
__06. Exorcized by a kiss/エクソサイズド・バイ・ア・キッス
__07. Cliffhanger on a bloody sunday/クリフハンガー・オン・ア・ブラディ・サンデー
__08. Violenca/ヴァイオレンカ
__09. Egomania/イーゴマニア
__10. Die Erotik der Maschine/ディー・エロティク・デル・マシン
__11. Electrified Scum/エレクトリファイド・スカム
__12. Angry hearts & soldiers/アングリー・ハーツ・アンド・ソルジャーズ
__13. Coma in Cuba/コーマ・イン・キューバ

__12,13 日本盤ボーナス・トラック


__01. ウェルカム・トゥ・ア・ニュー・シーズン・オブ・デスウィッシュ

__新たな死の願望の季節へようこそ
__そして他の危険なものも
__おいで――驚きはしないから
__ちょっとは怖いかもしれないがね
__自分がロマンチックであることは――忘れろ
__おまえの油断のない目が見つめるだけ
__だからしばらく心を開いてみるがいい
__でも心配するな――また眠れる時がやってくるから
__それは長く、永遠になるかもしれないが

__哲学的な問題は一つしかない:
__俺が突然死ぬまで待ってみようか
__あるいは自殺でもしてみようか?
__そんな勇気のある詩人などこれまでいなかった
__なぜそうなのか証明して見つけることに
__……命はものすごく強い
__……命はものすごく残酷
__ナイフでメチャメチャになる
__明けても暮れても、だからお願いだ:
__行って質問に答えるがいい
__そうしたら目をそらすな――
__元気を出して千年祭りを迎えるんだ
__永遠の若さの感じを

__それは憎しみだらけ 賛成だ
__未来のことを考えたら――ずっと若いままでいろ!
__新たな死の願望の季節へようこそ


__02. キング・オブ・ザ・ビューティフル・コックローチ

__時の終わりでハイになる
__かみそりの刃でハイになる
__人生の不思議でハイになる
__ひどい苦境、ナイフのジャングルの中
__踊っている、俺たちは、危険区域で
__癒し手や売人の中
__戴冠式を祝う
__自分の悲しみの
__そして朝早く 帰り道を捜す 美しいベッドへと
__それが俺の人生、早いことは決してない
__そういうものだ 俺の質問は貪欲過ぎる
__俺はいつも聞いていた いつも早く聞き過ぎていた
__なぜかなどと聞かないでくれ――
__聞いたら殺してやる
__本心を告白するには おそらく父親が必要だろう
__尊敬する人が『神はおまえの父親だ』
__しかし彼はそこにいた試しがなかった
__そして喜ばせることも決してない
__俺が罪の意識を感じることも決してない
__10年経ったら……最も重要な感覚や倫理が――
__SSTのように通り過ぎて行く
__大物の上にグシャっと乗る
__人間の尿の匂いが そこいら中の角でする
__これは道徳の話ではない

__セックスの快楽は
__デカダンスによって麻痺してしまった
__逃げ道はない トイレの窓からは 嘆きの匂い
__インスピレーションが損なわれた
__戴冠式を祝う 自分の悲しみの

__俺の上に座れ、さあ座れよ、俺は怠慢、怠慢だ
__俺はクレイジーと結婚してる 腕も足も
__起き上がろうとしているのに
__身体が椅子から離れようとしないんだ


__03. ストレンジャー

__幸福はいまだ俺の中にあった
__なのに世界は慇懃に無視する
__心をずっと開けておいた
__焼かれるよりは消えたほうが良かった
__俺が望んでいるのは
__この世が俺を憶えていてくれることだけ
__いい人生は俺のものだったがそれはもうない

__光と熱でクラクラした
__しまいには闇が俺を包み込んだ
__バカげたトリックが心の中で
__トラブルを起こしたがっている
__俺の思考の中には自由の民がいる
__感情は肉体の調子に影響を及ぼす
__俺の堕落への門
__宿命的にギャングスター・ラップのようにやる
__ラウドで……ギラギラしていて……
__悲しくない、ただ夢のように
__暴力の瞬間 俺の中のすべてが喜ぶ
__暑い日のきらめき それで俺はずっと気分が良くなる
__きっと彼女を愛していたんだろう
__俺の人生はすべて変わっちまったぜ、本当だ
__新しい母親に早く触れたいと躍起になっていた
__しまいには偽りのなんとか教の信者を
__変えられるだろうか?
__今日太陽と人生に殺された


__04. アイ・クローズ・マイ・アイズ・ビフォー・アイ・ブリード・トゥ・デス

__俺同様血の匂いが困らせている
__悪魔のように、俺の内に棲む悪魔のように
__目を閉じた方がいいだろう
__まるで狼の群のようだ
__「昨日は最低だった」だけど今日はマシ
__構うものか、考えたことなどないのだから
__明日のことは……1日では!
__目を閉じた方がいいだろう
__真実と向かい合うのが耐えられない
__神々がクリケットをしている
__太陽は不良品……俺は人生が大好きだ!
__俺の汚い精神は勘弁してくれ 皮肉は俺の名声!
__(頭の中の花はアスピックで育っている)
__キスしてくれ、明日のために、キスしてくれ!
__この夢を毎晩見ている:
__深くて黒い穴の中に押し込まれる
__何もない 運転中に 高速へ 地獄へと……
__落ちて行くのがわかる!
__目が覚めて――汗びっしょりになって――人生がいかに
__素晴らしいかがわかる!
__目を閉じる……血を流して死ぬ前に……


__05. ホエン・ユー・リヴ・アズ・ア・ボーイ

__健康と若さの聖職者が
__自分の息子を送り込んでクラックを売らせている
__利益はやつのもの 息子はバカを見るだけ
__ここでは、母親はポン引き
__娘達をゆすってヘロインを売らせている
__裁判官や牧師に
__まるでクリケットの試合のよう 血の庭での
__『でも男の子として生きるのであれば
__何も言わない方がいい
__あるいは男の子として生きるのであれば
__やつらに血の匂いをやるがいい
__さもないとやつらに首をへし折られる』
__文学は死んだ
__おまえは死についてすべて知り尽くしたから
__どっちみちな
__心臓は火のようなハラワタのフック
__タール・ベンゾールに殺人酸化物 火は俺たちの血
__法と秩序の聖職者が俺たちの墓の上で踊っている
__そしてレイヴしている!
__10年が素敵に腐っていく そして自ら楽しむ
__勇気ある母親達
__自分達の役割を完璧にこなそうとする
__だが彼女達の立場は取るに足らない
__そしてロッジは空っぽ どっちみちな
__石作りの住みかがくもの巣のように垂れ下がっている
__バロック調のスタッコ細工の天井から
__時たま怒りの若者が 登って天井にぶら下がり
__ロッジの椅子にオシッコする
__だがそこは空っぽ どっちみちな


__06. エクソサイズド・バイ・ア・キッス

__小さな島でまたしても1日が始まる
__ここの教会には爆弾が落ちない……
__ボートできれいなところへ行くんだ
__海がヨットやボートでいっぱいのところへ
__石油の匂いが戦いに勝るところへ
__海の匂いでない
__向こう岸でダイヴァーが溺れているのが見える
__ヘリコプターが彼の新しい家へ連れて行ってくれる
__熱帯の熱さを殺すような雨は降っていない、しかし
__今日はいくつかの命が救えたかもしれない
__夜になると嫉妬深い夫が
__若妻の頭に三発銃をおみまいしているのが見える
__自分の血におぼれ、自分の血をかぶりながら
__彼女の母親は1、2週間は泣くことだろう
__観光客がそこらじゅうにいる
__俺のベッドルームにいる無数のアリのよう
__素敵なアパートが彼らに与えられるだろう
__漂泊するための部屋
__個性ある家々が壊されていく
__アリのおばさん達のために 耐えられない――
__あとでクラブでウォッカを1ダース飲まないとな
__おかしくなった頭のおかしなやつと行き合う
__用心棒が後からどついてくる
__唇から血がちょっと流れる
__それでタクシーで家に帰ることにする
__帰り道でまたしてもナイフを使っている
__地元のやつを見る……
__小さな島でまたしても1日が始まる
__ここの教会には爆弾が落ちない


__07. クリフハンガー・オン・ア・ブラディ・サンデー

__あの日のことだけは覚えている
__もっと小さな島へ行った時のこと
__フェリーには頭のおかしなやつらであふれていた……
__ディスコで、岩屋で
__俺は最高のエクスタシー状態でレイヴしていた
__朝の早い時間 俺はハンターのジープを盗んだ
__やつは鳥撃ちだったのでやつの銃も盗んだ
__それからマッシュルーム・ロックまで行って
__鳥を撃った
__海の方へ歩いて行くと
__ぎょっとするようなことがあった
__彼を鳥と間違えて 彼を4回も撃ってしまった
__彼は海へと落ちて行った
__まるで血なまぐさい映画のように感じられた
__クスクス笑って銃を太陽の下に投げ捨てた
__フェリーに戻って、水をしこたま飲んだ
__頭をはっきりさせるために
__北の方にある家に飛んで帰った
__これで物語は終わり 本当の話であってほしくない
__それでもいまだに歌っている『日曜日は好きじゃない!』
__そしてあの時の記憶のせいで眠れない
__いまだに肉屋のナイフのように感じられる……
__いやな気分が毎日俺を食い尽くす
__血みどろの日曜日のぎょっとする出来事


__08. ヴァイオレンカ

__ある日道でいやなご近所に会った
__ヴァイオレンカという名の女が途中で俺を止めた
__彼女は俺の車に乗った
__彼女のスカートは足に触れていなかった
__彼女の声にはひどく深みがあった――彼女は男だった
__彼女はハイヒールと男の魂を売り渡していた
__もう10リラで話はついた
__俺たちは古いアパートへと入り込んだ
__俺を吸い尽くそうというもくろみで
__どこかのドアをかなり乱暴に押した
__机とベッドがある小さな部屋
__そこにあるインテリアはそれだけだった
__そして暗い中その女男は俺を横たえた
__汚れたアンティーク調のシーツと毛布の上に
__それは国家を焦がし揺るがす運命にある
__ゴキブリが白い液の中で干からびている
__俺は思いきってちらっと見てみたが
__軽い心臓発作に見舞われた
__ナーヴァスになっていた
__しかしそれにも関らず
__その女男、彼女は液を飲んだ
__俺の黒い泉から
__彼女は俺を気に入り、涙を浮かべて言った
__『さよなら』を百回も でも間違いない
__俺は地獄にいた そこは……それが育まれるところ
__ヴァイオレンカ さよならを言うといまだに震えがくる……
__(さよなら――この言葉はもはやいい響きを持たない)


__09. イーゴマニア

__これはおまえについての歌
__おまえはそういうやつ そういうやつなんだ
__おまえはおまえの思うところの金持ち
__おまえ――これで十分と思うことはないのか?
__どうなんだ?
__貧困と苦悩について 人生――金があり過ぎやしないか?
__そしておまえ、利他主義の母よ
__おまえの手を貸してくれ
__おまえのむちゃくちゃなストーリーボードを
__夢見ているがいい
__しっかりやれよ、永遠に……
__でも今は俺をほっておいてくれ
__あるいは……おい――止まれ! 俺の傷をなめてくれ
__話し合おうじゃないか
__そしてヴィジョネアをやろう
__毎日やっているモノポリーの代わりに
__みんなのために分かち合い助けて走り回ろう……
__でもじきに誰かがおまえを陥れるだろう
__俺も人生のマラソンはやめた方がいいな
__おまえは俺をだめにする――このマニアめ!
__俺はもういいよ、嘘つきめ――俺の方が上だ
__俺はガキという名の怒れる雄牛
__自分で法律を定め
__いつもオーラル・セックスを求めている
__おまえは極端なうぬぼれ屋だ、おまえを感じる……
__おまえがやって来るのが
__おまえは来る――おまえをひどく感じる!
__こんちくしょうめ……


__10. ディー・エロティク・デル・マシン

__希望と信頼がおまえの下に訪れますように――
__そうしたら笑うんだ! 時が永遠になくならないように
__――そして笑うんだ!
__おまえの笑いが本物だってどうして俺にわかる?
__おまえの公の顔はなんの感情も表さない
__これはタスマニアの笑いの時代
__笑いの達人が帰って来た
__おまえは何が欲しいんだ? 侮辱か?
__おまえはそれが欲しいのか?
__だけどそのまま行くのだったら気をつけろ――
__俺が悪魔の笑いで答えてやるから
__お互い手をピシャリと打った方がいいかもしれない
__俺が怒りの感情を表す前に
__でもおそらく互いを嘲笑するだけだろう
__道を見つけて自分達なりに戦おう
__来るべき素晴らしい日へ向けて
__(戦争のある世界にどうして戦争が必要なんだ?)
__時が永遠になくならないように――そして笑うんだ!
__それは偉大なる栄誉
__おまえが俺を信頼してくれるなんて! そして笑うんだ!
__そして俺が強迫観念に取りつかれたら
__おまえを頼ってもいいか?
__おまえは頼もしい